FC2ブログ

Animal Watching Manner ~野生動物観察マナーの啓発について

寒さがなかなか引かず、毎朝布団から起き上がるのも辛い毎日が続いています。

年度末の仕事にもようやく目処がつき始め、ようやく記事を書く時間を設けることができました。


皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。

ここ数週間の間に降った雪は関東平野を始め多くの地域で“災害”として認識されたのはここ数日になってようやくのこと。
山梨に住まう知人からは住居地から一歩も動くことができないとのことで予定変更連絡。
河口湖付近で積雪量は110cmを超え、歴史的にも類を見ないほど。24時間の累積降雪量ではなんと日本一とのこと…現地には新潟から除雪車が来られ、作業が進んでいるとのことでした。


どうにも雪に弱い関東ですが、私が今年度1年をかけて調査を行った高尾山のムササビ。
先日16日の調査では雪山登山となりました。
今回はその調査の目的の一つである、「ムササビ観察マナーのすすめ」についてご紹介、ならびに広報させていただきます。

IMGP7633.jpg
本調査研究は「とうきゅう環境財団」より助成を受けて発足した“高尾山におけるムササビ観察マナーの普及啓発”がテーマとなっています。

多くの方がご存知の通り、高尾山におけるムササビの生息密度は高く、観察が非常にしやすいということで以前より多くの観察団体が入っています。
特に冬場12月頃になると周辺の葉が落ち、個体の活動も活発になるため多くの観察会が開催されます。

そんな高尾山において数年前より目に見えて変わったことがありました。
それが「観察者の増加」です。

今に始まったことではありませんが、メディアで取り上げられる機会が増えたことで多くの観察者が訪山するようになりました。

しかし、こういった変化があったことで浮き彫りになったのが“観察マナー”です。
今までにも赤色フィルムを装着する、静かにするなど一定の観察マナーがあったことは事実ですが、急な観察者の増加は観察マナーに対する意識の浸透を遅らせる結果となってしまっているのが現状です。


そこで、本調査研究を務める自然観察活動チーム Wild Lives Watchersでは「ムササビ観察マナーパンフレット」を作成致しました。

IMGP7652.jpg

1年間に及ぶ巣穴周辺における定点観察、登山道周辺におけるラインセンサス調査など複数の調査手法により多くの情報を収集し、得られたデータを元に簡易的かつ充実した内容に仕上げました。

IMGP7629.jpg

IMGP7655.jpg

ムササビとは一体どういう動物なのか…

IMGP7656.jpg

適切な観察をするためにどんな装備で行けばいいのか。
個体に十分配慮した観察にはどんな点に注意しなければならないのか。

IMGP7657.jpg

わかりやすく3箇条を提示したりなど、可愛いムササビのイラストとともにお届けしています。


今回のパンフレット作成には、「DEPOTプロジェクト」という様々な市民活動やビジネスなどを支援するプロジェクトが関わっています。
プランナーであるMさん、デザイナーであるWさんの大きな協力の元ここまで来れたと言っても過言ではありません。

この場を借りて、改めて御礼申し上げます。


さて、このパンフレットを一体どういう形で利用し、普及啓発していくのか。

現在兵庫県国崎クリーンセンターのゆめほたる施設内、かえっこプロジェクト、他複数の団体でパンフレットの利用検証にご協力いただく予定です。
まずはパンフレットを一般の方々がどういった目線で見て、利用して、楽しむのか、詳しく検証します。

その後、集まった意見から更に手を加え、ゆくゆくは全国的にムササビが生息する地域の施設や団体を中心に、基本的な観察マナーの考え方を浸透させていきたいと考えています。

もちろん、楽しむことを最前提にですが。


そのため、このプロジェクトにご賛同いただける様々な団体の皆さまに、この場を借りて協力団体を募集しております。
本ブログに一言いただければこちらからご連絡を致します。

皆さま、ぜひともご協力の程よろしくお願い致します。



ご協力いただいたDEPOTプロジェクトのHPは http://depotyamanashi.tumblr.com/page/2 です。
皆さまぜひ覗いてみてください。パンフレットについて、こちらでもご紹介いただいています。

スポンサーサイト



Comment

非公開コメント

プロフィール

まんまる

Author:まんまる
野生の世界へようこそ!
世界にはたくさんの自然、人、歴史、文化が溢れています。  
ここでは私が訪問した土地それぞれで得た経験、発見、そして数々の野生動植物を映像とコメント、説明を通して紹介させていただいております。
ごゆるりとご鑑賞くださいませ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR